2か月続く腰痛の施術の様子【府中市】

2か月続く腰痛の施術の様子【府中市】

先日、腰痛の施術に府中方面に行ってきました。

府中…昔友人が府中に住んでいた時はよく飲みに行ったりして府中駅あたりで遊んでいました。
今も映画を見る時とか、ラーメンを食べにちょくちょく寄ります。大國魂神社がありますし、府中はパワースポットですね!うん!元気になれます。
宮西町方面に足を運んだのは初めてかもしれないです。

 

運転中などに気になる腰痛…整骨院に行っても良く分からない…

男性の方でお話を聞くと6月くらいから腰の痛みが気になりだしました。
特に気になる場面は運転時。運転中に腰の張りが気になりだすことが多くなったそう。
他に気になる場面は椅子から立ち上がるときと、朝ベッドから起き上がる際。
痛みが気になってスムーズに起き上がるのが難しくなっているとのこと。
整形外科では骨に異常はないと診断されて、近所の整骨院に通っているけど今イチ効果があるのか実感できないとおっしゃっていました。
2か月腰の痛みが続くと「もしかして良くならないのか…」と不安になります。
しっかり治したいと思います。

足首が固い…足首を緩めることで腰の張りが減る

 

施術場所はベッド。布団でもソファでも施術は可能です。今回はベッドからの寝起きに違和感があるとのことでベッドを使用させていただきます。
背中の施術から入ります。右の腰が張るということで指していただきます。
…ちなみに、「コリは触れば分かる」と豪語する治療マニアな先生は詳しく痛む部位を患者さんに聞かないそうですが、それはどうかと思う。そりゃあ、触れば分かるけどそんなことより患者さんが気になる部位を正しく知る方が何倍も価値あるし。そんなことは閑話休題ってことで話を戻します。
足首の固さが気になります。左右を比較すると右の方がコリが強い様子。足首をしっかり緩めておきましょう。足首は腰痛と密接な関係があります。
まだ序盤ですが、一回ベッドから起き上がる動きを行っていただきます。
この段階でもだいぶ楽になって動きやすくなったとのこと。
施術はとりあえず間違った方向には進んでいないようです。では続けます。

お腹と背中がくっつく…腰痛の治療にお腹を使ってみる

 

続いてお腹のツボを用いてみます。
言ってみれば腰と反対側に位置するお腹は盲点っちゅうか忘れがちな部分なんですが、経絡(気に流れ道)でもつながっていますしお腹の下には内臓があり、内臓の疲れは腰痛の原因になります。
飲み過ぎた時に腰を痛めることが多いのもこういった部分から起因していますね。
お腹を良くほぐしつつ、脇腹を刺激してみます。腰痛治療には脇腹が効きますよ!
この段階で2度目のチェック。痛みがさらにとれて椅子から立ち上がる動作も相当しやすくなったそうです!

残っている違和感…「身体を反らすと腰の張りを感じる」

ここから立ち上がった状態で施術の仕上げを行います。
痛みはほぼ0。ただ残っているのが天井を見るように身体を反らすと腰に張りを感じるそう。
この張りをしっかり取ってあげたいです!
狙ったのは脚。足の内側を刺激すると反らすと現れた張りが消えます。
ということは、残っている張りの原因は腰ではなく脚である可能性が高いです。
脚の内側を緩めます。結果、身体を反った時の張りも無くなりました!

 

痛いという感情は嫌だね

 

何がともあれ、喜んでいただけたのでそれが一番うれしかったです。

施術後にお話させていただきましたが、やはり痛みは嫌な感情で、仕事中も家でも気になってしまうと。だから取りたいんですとおっしゃっていました。
そうなんですよね、人間は「快楽を求める」「苦痛から逃げる」生き物で「苦痛から逃げる」方が優先順位が高い。ということは痛みをより敏感に感じるようになっています。
それは大事ですが、そうなると痛みにばかり気を取られてしまいますよね。
取れる痛みはしっかり取りたいものです。私もひたすら精進あるのみです。

課題:身体を反らすと出る腰の張りをしっかり治すべし

 

私自身の課題は山積みですが、身体を反らすと出る腰の張りをもっと早く取れるようになりたいです。
以前も治療で時間が掛かったことがありました。もっと早く確実に治せるように技術をひたすら磨こうと思います。

 

府中市での施術カテゴリの最新記事