ぎっくり腰からの腰痛…2週間引かない痛みの治療【小平市 一橋学園方面】

ぎっくり腰からの腰痛…2週間引かない痛みの治療【小平市 一橋学園方面】

先日夜、小平市は一橋学園の方に出張治療に行きました。
駅前商店街、このあたりの雰囲気が好きです。飲み屋やラーメン屋さんもたくさんあるんですね!

 

ぎっくり腰から腰痛へ。2週間続く痛み…

今回は女性の腰痛の治療でした。お話を伺うと、最初は「ぎっくり腰」だったそうです。
2週間前に、大勢でホームパーティーを行った時のこと。食器を取る際に「グキッ!!」と腰に激痛が走り、歩けなくなってしまったそうです…。
ぎっくり腰になったのは久しぶりで、とりあえず安静をキープ。
ぎっくり腰の激痛は引きましたが、そのまま腰痛につながり2週間痛みが全く引かない、とのことでした。昔のぎっくり腰の際はそれこそ歩くこともできないのでタクシーでなんとか病院へ行ったそうで、今回もまたあの時のような激痛が襲ってくるのか、と不安になったそうです。
玄関の外までお出迎えしていただいたのですが、歩く際も痛そうです。

早く痛みから楽になっていただきたいです!

 

痛むのは右の腰。腰の上下から緩めます

 

最初に痛む箇所を確認します。今回痛むのは腰の右側。そして動作としては前に屈んだとき、寝たところから起き上がる際に腰が気になります。
最初は背中と脚を緩めます。特に、足首を入念に緩めました。
そのあと、腰に部分に鍼を施します。鍼を抜き、施術前と比較したらだいぶ起き上がる際の痛みも取れました。まだ序盤。

 

腰痛は運動で治す!運動を組みあわせた治療を

 

ここから運動を組み合わせた治療を行います。
特に腰痛は運動を行いながら治療を行うべきです。動いて痛むなら、動かしながら痛みを取るべきなんですね。
まず椅子に腰かけていただき、「首」のツボを刺激しながら身体を捻る運動を行っていただきます。
最初は腰の右側に痛みがあるので、おっかなびっくりというか、右側を向く動きが小さくぎこちなかったのが、首のツボを刺激するとだんだん痛みが小さくなり違和感なく動かせるようになるから毎度ながら人間の身体は不思議!
刺激する部分を首から「鎖骨」に移します。肩こりに悩む人には鉄板の部分ですが腰痛の治療にも使えるツボです。
鎖骨を刺激しつつ、同様に運動をいくつか行っていただきました。
先ほど言ったように最初は腰の痛みがあるので動きも「おっかなびっくり」だったものが通常スピードで違和感なく動かせるようになります。こうなってくれると腰痛の改善も近いです!

 

仕上げは「お灸」温めることで腰の痛みを改善

 

痛みはほぼ無くなりました。仕上げということで「お灸」を行いました。
お灸をされたことはありますか?ツボを温めるあれです。
「鍼灸(はりきゅう)」と一緒に表されますが、実際は別々の資格。痛みに作用するメカニズムも鍼とお灸は若干の違いがあります。温かくて気持ちよいお灸、関西では広く普及していると聞いたような。
ただお灸と聞くと「熱そう…」とイメージする人も多いです。「お灸をすえてやる」なんて怖い言葉もありますしね。確かに昔ながらのお灸は熱いものもあります。

 

跡が付かず、熱くないお灸がある!

 

でも今回使用したお灸は皮膚から離し、ツボを温められる「棒灸」(ぼうきゅう)を使いました。これなら患者さんも安心してお灸を受けていただけます。

このお灸のもう一つの良いところは「煙が出ないところ」で、これならお客さん宅でも使用できるから重宝します。
痛みがあった部位の最後の片づけをする感じで腰中心に温めていきます。
しっかり温まったところで施術完了です。

「痛みがずっとあるのがストレスだった…」

施術前は歩くのも辛そうでしたが、今は楽に歩けていただいています。良かった!
「ずっと痛みがあるのがどうしても気になって、何をしていても楽しくなかった…」とおっしゃっていました。
その痛みが取れて、笑顔になっていただけて本当に嬉しかったです!
施術に理解し、ご協力いただけたので、スムーズに施術を行うことができました。

これからも痛みに困る人の役に立ちたい、笑顔になっていただきたいです。

一橋学園カテゴリの最新記事