下町ロケットと「四十肩」の治療

下町ロケットと「四十肩」の治療

先日、池尻大橋方面に施術に行きました。
以前何度か施術させていただいた方から連絡が入ったので出張訪問しました。
一度歩いた道って覚えていないもんですね。
地図を見ながら歩いていたらどうも昔通ったような道だなと思い始め、一度入ったことがある焼肉屋さんの前で過去の記憶が蘇りました。
道の記憶には自信があったのですが(笑)

その日はドラマ「下町ロケット」の放送日で、施術を無事終わらせ帰宅後観るのを楽しみにしていました。

 

そもそも、「四十肩」とは?

四十肩、五十肩ってそもそも何か?を簡単に解説しようと思うのですが、「肩」という文字が入っているように肩周辺の激痛のことを指します。
正式名称は「肩関節周囲炎」ですが、40歳、50歳の方が多くなることから四十肩や五十肩と俗称がつくようになりました。
特徴はいくつかありますが一番は「夜間」の激痛です。
夜寝返りを打つこともできないほどの肩周辺の痛みは、そのままにしておくとかなり長引く傾向にあります。
四十肩に悩んでいる方の施術は何度か行ったことがあるのですが過去にほとんど良くならずに悔しい思いをしたこともあります…。
楽になってもらうため、そして過去の苦い思いを払拭するために施術に臨みました。

 

半年前から気になりだした肩の痛み

 

その男性の方の話だと、気になりだしたのは半年前だったそうです。
原因に関して思い当たる節はないとのことですが右肩がピリピリ痛みだしました。
ピークは2か月前頃で、夜寝ることもほとんどできず、食事中フォークを落としてしまうこともありました。
車の運転中も肩が痛むものだから、運転するのやめようか本気で考えたのだとか。
病院に行っても「お風呂でストレッチしてください」と言われ終わったとか。

現在はピーク時に比べたら痛みは減りましたが今も仕事中は痛みますし、腕を自由に上げ下げすることは難しい状況です…。

 

肩の痛みだけど、全身を治療する!

 

具体的には、

・肘を伸ばし腕を正面に挙げていくと70度くらいで止まる
・後ろに挙げていくと、30度くらいで止まるので身体が前に曲がる
・真横に開いていくと、40度くらいで痛みが走る

症状としては上記の様子です。
肩が痛み、腕が思うように挙がらないのが症状ですが治療の際は全身を治療するのが大事です。痛みが「原因として出ているのか」「他箇所の不調の結果として出ているのか」は分かりませんから。

では施術を行っていきます。

 

3つの治療ポイント!

 

結果は後ほどご紹介するとして、治療では主に3つのポイントにアプローチしました。

 

・上腕三頭筋部分(腕のたるみが気になる部分)

 

重い買い物袋を持ったりするとできる「力こぶ」の裏が上腕三頭筋と呼ばれる部分で、夏に腕のたるみが気になる部分です。
この部分は「盲点」と呼べて、なかなかほぐそうとは思わないですがそれだけに「凝りやすい」面があります。
肩関連の症状はもちろん、むち打ちなどの「首」の不調や腰痛にも効果が出るケースもあります。
なかなか使い勝手が良い場所なんです!

 

・肩甲骨部分

肩こりをはじめ腰から上の症状には「鉄板」と言えるのが肩甲骨部分です。
マッサージされると驚くほど痛い部分でもあるんです(苦笑)肩の関節は複雑なのが特徴ですがそれだけにコリがたまりやすい場所で、定期的にたまったこりを取り除く必要がありそうです。
「肩甲骨はがし」とか人気ですよね。

今回の治療では肩甲骨の外側を重点的にほぐしました。
腕と肩甲骨がつながっている部分が激痛ポイント。鍼やほぐしで緩めました。

 

・足首

 

先ほど「肩が痛むけど、治療は全身行う」とお話しましたが、実際に痛む部位と離れた部分からアプローチをかけ、効率的に痛みが取れる場面を何度も目にします。
人間の身体はつながっているものですが、今回の四十肩の場合も「足首」のツボを刺激しました。
患者さん曰く「どちらが痛いのか分からない」ほど足首の刺激もなかなかでした。
するとどうでしょう、肩の可動範囲が広がるんです!
男性の奥様曰く「足首のツボを押した時のほうが肩がスムーズに動き、可動範囲が全然違う」とのこと。
人間の身体の不思議を改めて実感しました。

 

治療結果は?

 

じっくり治療を行い、結果はこんな感じです。

・肘を伸ばし腕を前に挙げていくと、顔の高さまで持っていける
・後ろに挙げると、左腕と同じくらいまで持っていける
・真横には90度まで開くようになった

凄く喜んでくれました!私もとても嬉しかったですし、安心しました。
鍼灸の効果が出る際には「タイムラグ」があるので、明日以降様子を見てくださいということになりました。

 

どんな困難にも答えはある

 

帰宅後、「下町ロケット」を見ました。

ご存知の方もいるかと思いますが、町工場がロケット事業、医療機器、そしてトランスミッション事業に「技術力」で戦いを挑んでいくヒューマンドラマで、大好きなんですよ!
不器用ながら技術と夢を信じ戦っていく、1作目からハマっています。

今回の話も困難の連続でしたが、技術力と仲間の力で困難を乗り切りました。

このドラマの名言が「どんな難問にも、必ず答えがある」なのですが、治療の際も諦めず信念と技術力で戦っていきたいなぁと改めて思いました。

最初に書きましたが、過去に四十肩の治療で上手くいかなかった苦い思い出がありますが、その時の反省も活かして今回はほんの少し成長できたかなと。
諦めなければできるなと、自信になりました。

加えてここ最近、治療で色々壁にぶつかっていた感もあったのですが今回の施術で見えてきた部分もあり「下町ロケット」の佃のように、信念を曲げずまっすぐ突き進みたいと改めて思いました。
技術は嘘をつかない!

ツボカテゴリの最新記事