「年齢なんてただの数字」ほんとそう思う!

今日は風が強かったです。
駅のホームで待っている時間があったんですが、凍てつきそうでした。
風が冷たくて、でもこういうのも悪くないかもなんて訳わからない気持ちになったり(笑)

んで駅のホームから、となりのビルのオーロラビジョンが見えました。
何気なく見ていたら、「86歳の登山家・三浦さん」のニュースが流れていました。

南米の山に登山して、今回はドクターストップがかかり下山したが、「鍛え治せば90歳でエベレストに登れる」そう話しているそうです。

なんたるバイタリティーなんだ!と心の中で叫びました。
90歳で最高峰・エベレストに挑むなんて…登山ど素人の私だってエベレスト登山がいかに難しいか分かります。
過去に犠牲になった人だって少なくないはず。そこに鍛えなおして挑むってどれだけだと。
凄い世の中になりましたね。

年齢はただの数字!選手寿命が伸びているスポーツ界

三浦さんのように継続し続けている人もいれば、再び挑む人も増えています。

ここのところ、フィギュアスケートやサッカーや格闘技で、復帰しブランクがあるとは思えないような動きをしたり、若手の上り調子の選手に勝ったりするケースが多いです。
私の知識が乏しいだけで、こういたケースはまだまだあるでしょう。

もっとも、詳しいのは格闘技だけなのですが(笑)
通常ブランクがあると、試合などしていないわけですから試合勘が鈍るだろうと思いますよね。
ただ、休んでいる間に意識が変わったり、今までバラバラだったものがつながって休む前より強いというケースが本当に多くあるのです。不思議ですねぇ。
もちろん身体が休まった、ダメージが癒えたのもあるでしょうけど。
久々復帰したベテランが強いのは、休みが良い方向に転んだのでしょう。
休む、一旦辞めるって実は有効な手段なのかもしれないですね。

少し話が逸れ気味になりましたが(笑)要するに年齢を重ねていても、ブランクから復帰しても、戦うことは可能だということですね。
今までの年齢の概念は大きく変わってきています。

人生100年時代ですよ

考えたら、昔は人生80年って言われていたわけです。
80年と無意識にゴールを決め人生設計をしていたわけです、誰しも。

それがいつからか「人生100年」時代って、20年増えてますやん(笑)
ということは、極論いえば20年「挑戦できる時間」が増えたということです。

年齢の限界を設けず、自分次第で何回でも挑戦できるわけです。
スポーツとかだけじゃもちろんないですよ。仕事や夢だってそう。
20年増えたんですから、昔諦めた事などもう一度挑戦したってよいですよね。
素晴らしい時代になったと思うんですよね!

人生は短距離走ではなく、長距離走

人生はよくレースなどに例えられます。出世レースとかよく言いますもんね。

人って、無意識に他人と比較し、相手よりも「早く」偉くなるとか、「早く」結婚するとか、「早く」家建てる、とか何か成功の基準が「早さ」になってる気がしますが、どうでしょうか。

でも人生って短距離走ではなくて、実は長距離走なんじゃないかと思うんですよ。

早く成功したとして、その後どうするのでしょうか?
人生ゲームじゃないんだから、成功したとしてもその後も人生は続くわけで。

早さを競ってもそんなに意味ない気がするんですけど。
だって人生20年増えてるわけです。
早さより、ゆっくりじっくり失敗しながらも生きていったほうが結果充実するのではないかと思うのですよ。

人生ですからどうしたって「競争」の要素が入るのは致し方ないですが、短距離走から長距離走に種目を変えるのはアリではないでしょうか?

大器晩成型が勝てる時代

いつの時代も天才がもてはやされます。
生まれ持った才能や、恵まれた環境を有する一部の人が勝利者とされてきました。
スポーツでも仕事でも、学校でもなんでもそう。

でも今は、大器晩成型が勝てる時代です。
なんたって試合タイム(人生の長さ)が違うのですから、コツコツやって時間をかけて戦えば勝てるのです。
今が上手くいかなくても、試合は続くんですよね。

伝わってます?(笑)
要するに年齢っていう壁が薄くなって、長期的に人生を戦うことができるようになったということです。

世の中の変化のスピードは異常に速いですが、順応できれば様々な人生を楽しめるということです。
やっぱり素晴らしい時代です。

健康の価値がますます高まる!

人生が長くなり様々なことに挑戦しやすくなると、「健康」の価値ってますます高まると思うんです。

身体がしっかりしてないと、戦えないですからね。
健康であればその分だけ、可能性やチャンスが広がるのです。

日々の運動やセルフケアに、今より前向きなモチベーションで取り組む人が増える気がします。

健康であること、アクティブに動けるのがステータスになるんじゃないのかな。

古いようで新しい!鍼灸が活用される

健康な身体、動ける身体の価値が増えるのは間違いないでしょう。
手に入れるための方法は様々ありますが、間違いなく有効なのは「鍼灸」です。

私が鍼灸師だからではありませんよ。
鍼灸にはそれだけのポテンシャルがあると信じるからです。

鍼灸は痛みを取るのに大きな役割を果たしますが、それだけじゃないんです。
疲れをとるのにも効果大ですし、美容にも活かされますし、不妊治療や精力増強にも大きな効果を発揮できます。

つまり活躍できる分野が広いのです。

そして人間本来の反応を活かすので、身体への負担も極めて少ない。
古いようで、新しい技術なのです!
ようやく世界が鍼灸に本格的に注目し始めましたね。

「未病治」が大事になってくる


私が思うに、これから鍼灸の価値が高まる一番の理由は、鍼灸が「未病治」に最適だからです。

未病治とは、分かりやすくいうと「予防」です。
病にかかって困る前に、抑えちゃおうぜってことで、昔から鍼灸は予防に役立ってきました。

病を未然に防ぐことで時間の無駄がなくなりますし、苦しい時間も無くなります。
つまり質の高い人生を手に入れることができるのです。

病に悩まされる時間なんて、要らないですよね?

真剣に生きる、目標や夢に向かって頑張る人にとって価値が高い技術です。

素晴らしい人生にするため、健康な身体を手に入れる

今回は年齢の話から、健康の話をさせていただきました。
軽く未来予想になりましたが(笑)健康の価値が高まるのは間違いないでしょう。

東京都内でもフィットネスが増え、運動を習慣にする方が増えましたよね。
人々の意識も変わってきています。

最初にお話しましたが、昔諦めた夢ややりたかったことを実現しやすくなる世の中です。
素晴らしい人生にするため、チャンスを増やすために健康な身体を手に入れましょう。

挑戦し続けるのはかっこい!!





Follow me!

コメントを残す