鍼灸の楽しみ方

「マイナスをゼロに近づける」よりも「ゼロからプラスに向かう」

以前にも書いたように、「鍼灸は嗜好品であるべき」が私の意見です。

要するに、治療じゃなくて良いんじゃないの?むしろ治療じゃないほうが良いんじゃないの?と。

もっと「愉しむ」要素だったり、「味わう」要素があったほうが、利用者にとってもメリットがあると思っています。

今回は、より別の視点から綴ってみたいと思います。

治療とは「マイナスをゼロに近づける」こと

そもそも治療って、「修理する」に近いニュアンスを含んでいます。

「治す」と「直す」は読み方が同じですしね。対象が異なるのは言わずもがなですが。
(そして人間の身体は杓子定規では治らない)

つまり、「マイナスをゼロに近づける」ことに他なりません。

痛みや疲れといった「マイナス」を、いかに元の状態である「ゼロ」に近づけられるか。これが治療が行っていることだと表せます。

もっとも、どこからがマイナスで、どこからがプラスなのか、その明確なラインはありません。ただ便宜上、今回は「マイナスからゼロに近づけるのが治療」とさせて頂きます。

ちなみに、「慰安(リラクゼーション)」も基本的にはマイナスからゼロに近づけることだと思うんです。こちらはラインがより不明瞭なんですが(苦笑)

考えてみてほしいのですが、「疲れも痛みもないけど利用したい」という人はあまりいません。何かしら「負」や「不」を抱えているから利用するんです。

【個人的に】理想の鍼灸は「ゼロからプラスへ向かう」

翻って、鍼灸はどうでしょうか。

もちろん治療目的の鍼灸であれば、マイナスからゼロに近づける作業になります。

ですが個人的には、「ゼロからプラスに向かう」施術でありたいです。

そして、鍼灸はそれが可能だと考えています。なぜなら、鍼灸にはもともと「痛みや病気を予防する」という概念があるからです。

鍼灸を含め、東洋医学には「未病治」という言葉があり、「病気が小さいうちに手を打つ」あるいは「病気になる前に手を打つ」という意味が含まれています。

もしかしたら、鍼灸の本当のポテンシャルって「予防」なのかもしれません。

未病治は堅い(笑)要は「エナジードリンク」ってことでしょ

ただ、これまた個人的にですが、「未病治」という言葉は堅すぎるかなと思っています。

大変に素晴らしいことですし、ぜひこの考えが広まってほしいですが、いかんせん真面目すぎる(笑)

それにまだ現実味がないというか、「ぜひ予防したい!」と喜んで施術を受ける方の顔が、今のところ想像できません。

のっぴきならない事情があるなら別ですが、それは今の時点では西洋医学の役割でしょう。

「予防」というよりも、先程触れたように「(身体の状態的に)ゼロからプラス」を目指すということ、要は「今より元気になる」ということではないでしょうか。

これ、「飲み物」のメタファーでいうと、「エナジードリンク」ってことだと思うんです。

A.風邪や病気などで飲むのは、言うまでもなく薬局で売っている「薬」。

B.疲れている時に飲むのは、タウリンが入っていて滋養強壮に効くやつ(笑)
商品名は伏せますが、たとえば「りぽでー」ですね。

C.これから頑張りたい、大事な場面があるから気合い入れたい時に飲むのが「エナジードリンク」。
たとえば、翼を頂くあれですね。
(余談ですが、エナジードリンクにもタウリンは入っています)

「A」と「B」は、マイナスからゼロに近づける、つまり「治療」と「慰安」に該当します。

「C」は鍼灸というか、個人的に理想としている鍼灸です。

エナジードリンクは、身体の「負」や「不」がなくても飲みます。ゼロからプラスへ、もっというと「プラスからプラスへ」という目的で飲むと思うんです。

つまり、「負」や「不」があってもなくても、受けたくなって役立つ施術でありたい。

今より元気になれる鍼灸。元気っていうのは筋肉だけでなく「気持ち」を含めてです。

「治す」のと並んで「活力補充」も大切なのでは

元気すぎて困ることは基本的にありません(あるかもしれませんが)。

もちろん身体を不調を「治療する」ことが大切なのは言うまでもありませんが、それと並んで「活力を補充する」ことも大切なのではないでしょうか。

燃え盛る焚き火に、さらに薪をくべるような。

「活力補充」としての鍼灸をこれからも追求したいです。

今回も、誰に向けて書いたのか分からない内容になってしまいましたが(苦笑)。
忘備録として綴りました。

Follow me!

鍼灸師 藤澤優作

東京都小平市を拠点に出張施術を提供したり、オンラインでセルフケア方法をレクチャーさせて頂いております。このブログでは鍼灸に関する豆知識や施術の様子、肩こり腰痛の改善に役立つ情報を綴ります。 鍼灸師歴13年。格闘技選手・指導者でもあります。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。