【ツボに耳をすませば】聖蹟桜ヶ丘でぎっくり腰(突然の腰痛)の出張鍼灸治療を行う

早いもので、10月になろうとしていますよ。

すっかり秋ですね!涼しい季節に移っていくこの時期、いかがお過ごしでしょうか?
今回も、出張鍼灸治療の様子を綴っていこうと思います。

今回は「京王線」に乗って、ここに来ました。

ついに?聖蹟桜ヶ丘へ!

とうとう来ました!
聖蹟桜ヶ丘(せいせきさくらがおか)です。

聖蹟桜ヶ丘に出張治療

ご存知、スタジオジブリ作品「耳をすませば」(1995年)の舞台にもなりました。

いうなれば「聖地」ということです!

聖蹟桜ヶ丘って、名前がかっこよくないですか?
だってね、「桜が丘」でも良かったわけですよ(笑)
地名からきているのか、桜が丘って場所が国内に多すぎるからか、理由は定かじゃないですが、聖蹟って!

言ってみたいよ、声に出して!

「聖蹟桜ヶ丘で待ってるわ」てね。
「聖蹟桜ヶ丘で飲まない?」とか。(な…)
「聖蹟桜が丘からどのくらい」やら。(長…)
「まずは聖蹟桜が丘から歩き」おお。(ちょっと長い…)

ミルコ・クロコップ・フィリポピッチ!(長い名前と言えばこれ)

川崎街道へ

まずは駅前から、「川崎街道」を歩きます。

川崎街道


この名前もどこかおしゃれに感じてしまうのは、バイアスがかかっているから?(笑)

それこそ「この道、ずっとゆけば」川崎に続いているのでしょうね。

野猿(やえん)街道へ

川崎街道から、野猿(やえん)街道という変わった名前の道を歩きます。
街道から街道へ(笑)

野猿街道を通り治療へ

やっぱり、自分でご自宅まで歩いて治療に伺うのが好きですね。

この近くには「古墳」があるそうですが、夜の時間だったのでよく見えないですね。

ご自宅が近くなったので、治療を行う格好に着替えます。

治療着へ着替えます

何の写真か分からないから不気味ですね(笑)
汚れたりするの避けたいので、直前まで治療着に袖通したくないんですよ。

着るタイミングは、これから詰めていきます。
ということで、ご自宅に到着しました。

ご夫婦の治療をご自宅で行いました

ご自宅に伺いまして、ご夫婦の施術をさせていただきました。

  • ご主人は急な痛みが襲う「ぎっくり腰」に悩んでいる
  • 奥様は慢性的な「腰痛」に悩んでいる

それぞれの痛みや不快感を取り除く治療を行います。

2日前に発症した「ぎっくり腰」

ご主人の、腰の激痛が発症したのは2日前でした。
椅子から立ち上がる際に「グキッ!」と来たそうです。

何とか歩けるから仕事には行ったものの、痛みが引かないとのこと。
突然の腰の激痛「ぎっくり腰」は、男女差や年齢関係なく発症します。

施術は45分ほど。じっくり治療させていただきました。
骨盤周りのコリを取りつつ、鍼で筋肉を緩めます。

痛みが現れる体勢や動きを再現しつつ、治療アプローチを行います。
結果的に、この段階で痛みは0になり、全く問題なく動けるようになりました。
様々な要因が重なって、腰の激痛が引き起こされた可能性があるので無理は禁物かなと。
といって、「安静」はNGです。難しいところではあるのですが。

ぎっくり腰の期間を短くする方法も併せてどうぞ!

出産から腰と首が張る

続いて奥様の腰と首の張りですが、ご出産されてから気になるそうです。

身体に負担をかけないように、全身治療を行いました。
弱めの刺激を意識しつつ、ツボに対し手と鍼でアプローチを行いました。

今回の症状には、内くるぶしの上にある「三陰交」(さんいんこう)という名前のツボも効果的!
こちらも優しい刺激を送ったら、内臓が動いていました。

腰と首の可動範囲が広がり、随分楽になったとおっしゃっていただけました!
嬉しかったです!

気が付いたら結構遅い時間に。
ご協力いただき、感謝しかないです!

ツボに耳をすませば

鍼灸師の道に進み、勉強して臨床に出てから、当たり前のように「ツボ」について考え、「ツボ」の選び方に迷い、ツボに触れてきたつもりですが、ここに来て改めて人間のツボの深さを実感しています。

ほんの少しのズレが、治療効果を大きく左右するのは事実です。

先生の治療方針によってはツボは関係ない場合もあるでしょうし、患者さんが治っているならそれは正解。

ただ、個人的な興味もあるけど「ツボ」について更にマスター出来たら、患者さんのためにもなるし、私が目指している「達人」にも辿りつくことができるかもしれない!

ツボに耳をすませば…実際は「指」ですかね(笑)
もっと症状を良くするために、さらに精進していこうと思います。

治療後の鍼

触れただけで、全て治せるようなりたい!

そんなことを、分倍河原で考えました。

今回は、聖蹟桜が丘へ出張治療に行った話を綴りました。
めっちゃ良い雰囲気の街なので、また訪れることできたら嬉しいです!

Follow me!