【深夜】渋谷へ「ぎっくり腰」の出張訪問治療へ行く

【深夜】渋谷へ「ぎっくり腰」の出張訪問治療へ行く

今回はある日の深夜、渋谷に出張訪問治療に行った話を綴ります。

深夜といっても日付が変わったとか最終電車が無いような時間じゃないですが、他の治療院はどこも既に営業が終わっている時間帯です。


今回は「ぎっくり腰(突然の腰痛)」の患者さんの治療でした。


夜ぎっくり腰になってしまったら、救急車を呼ぶか朝まで痛みを我慢するか、になってしまいます。
ぎっくり腰の場合、救急車で運ばれても十分な処置をしてくれない場合もあるのが現実。
どちらにしても地獄なんです。なったことある方ならお分かりかと思いますが。

行かない理由はありません!最先端の街・渋谷に行ってきました。
渋谷が住所。

起きれない…起床時から続く突然の腰痛

今回は男性の方の施術でした。
数日前から腰に違和感を感じていて、今朝(施術日)は起き上がることもできないくらいの腰の激痛が襲ってきました。

仕事を休もうか考えたそうですが、大事な打ち合わせが2件あるので少し休んだのち出かけたそうです。
自身で運転はできませんから、同僚の方に運転してもらい打ち合わせ先を回ったそうですが、はっきり言って仕事にはならなかったそうです。

奥様からご連絡をいただき、出張訪問に伺うことになりました。

恐る恐るゆっくりとしか歩けない

男性の方は腰の痛みをかばって、恐る恐るでしか歩けない状態でした。
ぎっくり腰はちょっとした衝撃や段差で「グキっ」と来ちゃうので、スタスタ歩くことはできません。
併せて、身体を前に曲げることも反らすことも難しいです。

早速施術に入らせていただくことになりました。

バッチリ治したいと思います!どんとこい!!!

【施術開始】椅子に座った姿勢から始める

施術を開始します。

「脈診」を行ったら、「腎」の脈が弱かったです。
仕事上の悩みを無意識に感じてらっしゃる可能性があります。

ここから、横になるのは今はしんどいので、椅子に座った姿勢で施術を行うことになりました。
横になってしまって、そのまま起き上がれなくなる…ということも現場では起こりうるので。

肩から緩めていきます

最初に「肩」を施術します。
お話を伺うと、普段から肩の重さや痛みを感じる機会があるとのこと。
肩こりと腰痛はセットで発症しやすいです。
詳しくはこちらの記事をどうぞ。

足首のツボが腰痛治療の鉄板

そのあと「足首」を緩めていきます。
ぎっくり腰や腰痛治療の際の鉄板と言えます。

ツボを探っていくと「肝経」のラインと呼ばれる箇所に圧痛が見られました。
施術方針がはっきり分かってきたかな。
こちらも参考になるので、併せてどうぞ。

スムーズに歩けるようになった

ここで一旦痛みの具合を確認します。
痛みはまだ残っているものの、明らかにスムーズに歩けるようになりました。
施術を続けます。

腰に鍼を行う

ここからうつ伏せになっていただき、腰に鍼を行います。

今回のようなぎっくり腰(突然の腰痛)の場合は、鍼を刺した際の「響き」が重要です。
ピリピリしたり、ズドンと重かったり。
この感覚を経ると、腰痛がめちゃくちゃ改善されていることが多いです。

鍼の感覚に関しては、こちらの記事からご覧ください。

身体のスイッチを切り替える

次に、仰向けになっていただき、首の横にある「胸鎖乳突筋」という筋肉を刺激しながら、腰を左右にゆっくり捻っていただきます。

怖さと痛みでとても捻れなかったのが、 胸鎖乳突筋を 刺激しながらだと捻ることができ、しかもだんだん可動範囲が広がっていくのです。
こういった上半身と下半身の意識をつなげてあげる施術が大切。

ぎっくり腰を含む重度の腰痛は、身体のスイッチを切り替えてあげることがポイントです。
「身体、動かすこと出来るんだ」と無意識のスイッチが切り替わると、治りが早いです。

可動範囲が広がり、ほとんど問題なく歩ける

ここでもう一度、痛みを確認します。

さきほどより可動範囲が広がり、身体を前に曲げることも反らすこともできるようになりました。
歩くスピードも通常に戻ってきて、問題なく歩けるようになりました。

仕上げに「上腕三頭筋」のツボを使う

仕上げに「上腕三頭筋」のツボを使います。

残っている痛みを消そうと思います。

上腕三頭筋というのは、肘を曲げるとできる「力こぶ」のです。
女性がたるみなど気にする部位でもあります。

一見腰の痛みとは関係なさそうな個所を刺激しながら、運動をしていただきます。
この仕上げで、ほぼ痛みは改善されました。

日常生活を送れるようになった

施術を終えると、施術前とは別人になったと思えるくらい改善されたことが分かります。
スタスタ歩けますし、椅子に座ることも立つこともできます。
まるで「憑き物」が取れたかのように明るい表情をされています。
凄く嬉しいです!!

起き上がる際の痛みの治療に課題あり

ただ、起き上がる際の痛みの治療に、まだまだ課題ありです。
もっと痛みを取り除き、楽になっていただくことができた気がして今でも悔しい。

「鍼灸の効果は翌日に本格的に表れる」としても、できれば施術直後に最大限効果を実感してもらいたいんだよな。

もっと修行します。
起き上がる際の痛みの治療が仕上がれば、もっと盤石の施術ができるかなと。

無茶なことに応えたいからやってる

自分で治療を行ってる理由の一つに「無茶なことに応えたいから」があります。

最初の方にもお話しましたが、ぎっくり腰の痛みは言葉で表せない強烈なもので、眠れないほどの激痛です。

通常の治療院は20時くらいで閉めます。その後の時間帯で施術してほしいと言われたって「無理です」当たり前です。

でも突然襲ってきた腰痛に困っている人にとっては、そこを何とかしてほしいわけですよ。

深夜に自宅でぎっくり腰の治療、一見無茶なことかもしれないけど最大限応えたいんですよね。

もちろん何でもかんでも、無理難題に応えたいとかじゃないですが、本当に痛みに困っている人には最大限助けてあげて力になりたい!
たった一人でも「藤澤に治療してもらえてよかった」「鍼灸治療ってすげぇ」
って思ってもらいたい。

じゃなかったら、やる意味ないもんなぁ。

ご自宅で施術できるのは、患者さん、そしてご家族の方のご理解・ご協力あってのこと。
無茶な時間でも伺いたですし、痛みの改善がみられるまで治療したいです。
私自身も笑顔で家のドアを開いて帰りたいですよ。

帰りに、「あ、なんか渋谷っぽい」と思って撮りました(笑)
K DUB SHINEのPVに出てきそう(笑)

夜の渋谷、道玄坂上あたりは静かでした。

もっと精進して、もっと良い施術を提供できるようになります!
















渋谷での施術カテゴリの最新記事