国立駅近くのおしゃれなカフェで「肩の痛み・ぎっくり腰」の治療を行った

国立駅近くのおしゃれなカフェで「肩の痛み・ぎっくり腰」の治療を行った

今年は大きな台風が多いですね…。

今週末も台風が関東に上陸する予測が出ています。
とにかく、安全が第一ですね!
無理な外出は控えるようにしましょう。

今回は、国立市へ出張治療へ行った話をします。
国立駅近くのおしゃれなアイリッシュパブで施術をさせていただきました。
とても貴重な経験をさせていただきましたよ!

にしても、いつも思うのですが、国立市は綺麗な街ですね!

国立駅から撮影した風景

駅前から続く大きな通りは定期的に歩きたくなりますし、なんていうか、整った街並みですよね。
知人の結婚式が国立市で行われた思い出も関係しているのかもしれません。

国立市へは治療でも何度か訪れています。

男性の1日以上続く「ぎっくり腰」の出張治療

女性の歩けない程の腰の激痛の出張治療

いずれも「ぎっくり腰」(突然の腰の痛み)の治療でした。

今回は、国立駅近くのカフェ&パブにお邪魔しました。

「ケルティックムーン」さんで治療を行いました

国立駅南口から徒歩4分の「ケルティックムーン」さんに伺いました。

ケルティックムーンさん

昼間はランチ、夜はアイリッシュパブになります。
定期的にイベントなども開催されていますよ!

国立駅 アイリッシュパブ | Celtic moon ケルティックムーン

今回は、営業時間の合間に、店内で治療をさせていただきました。

ストレッチマットも用意していただき、感謝しかないです!

ケルティックムーンさん 治療風景

アイリッシュパブ+東洋医学(?)

令和だから生まれたハイブリッドなこの空間で、男性の方と女性の方の施術を行いました。
簡単に様子を綴りますね!

男性の右肩の痛み

数か月続く、右肩の痛みです。
少し前は首も痛くて回せませんでしたが、現在は肩の痛みだけ残るそうです。

挙上(腕を挙げる)動作時に痛みがあり、生活に支障が出てしまっています。
症状が軽くなったり重くなったりを繰り返すとのこと。

施術としては、痛む部位周辺の血流を整えるとともに、離れた箇所にアプローチしました。

離れた部位は、

  • 肘や手首
  • お腹部分
  • 足の内側

などです。
一見関係なさそうな部位からアプローチして治療を行うと、治りやすいですし再発もしにくい傾向にあります。

併せて、筋肉だけでなく「骨」を上からさするのも効果的です。
特に肩の痛みの場合は、骨を覆う皮膚をリリースすると、楽になりますよ。

施術後は可動範囲が広がりました!
痛みを0にして治し切るために、もう何回か施術できたら嬉しいです。

女性のぎっくり腰

約3日前に、電車の中で腰に「グキッ」という激痛を覚え、そこから歩くのも困難になってしまいました。

突然の腰の痛み、いわゆる「ぎっくり腰」です。

発症してから痛みが引かず、この日もなんとか歩いて来たそうです。

  • 身体を前に曲げる
  • 身体を反らず
  • 後ろを向くように上半身を捻る

という動作ができません。

ぎっくり腰は、腰の筋肉の炎症から激痛が生まれます。
「鍼灸」がとても効きます!

臀部・骨盤周辺に鍼を行い、ツボを刺激しながら身体を動かし、動かせる範囲を広げていくのです。
ぎっくり腰を治すためには、「身体を動かしても大丈夫!」と脳のスイッチを切り替えることが大切です。

施術後は、通常通り歩けるようになりました。
身体を前に曲げたりできるようになり、楽になっていただけたようで嬉しかったです!

理解・協力あってこそできる訪問治療

今回は「ケルティックムーン」さんのおしゃれな店内を使わせていただき施術を行いました。

当たり前ことなのですが、理解やご協力がなければできません。
感謝しかないです!

ケルティックムーンさんの店内写真

ハイブリッドな空間で施術をさせていただくのはとにかく刺激的!
もっと喜んでもらうために、治療技術をひたすら上げたいと思います。

芸術の域、仙人の世界に入っていきたいですわ。

ただただ、喜んでもらいたいです!

お店を出たら、暗くなっていました。
どこか秋っぽい空でした。これからさらに日が短くなりそうですね。

国立駅の様子

では、また綴ります!

国立市内での施術カテゴリの最新記事