子供を抱っこできない…女性の腰痛の治療【不動前】

子供を抱っこできない…女性の腰痛の治療【不動前】

先日、以前に施術を行った方の奥様が腰痛で困っているから治療してくれませんかと連絡が入り、目黒は不動前方面に行ってきました。三多摩地区と雰囲気が違いますね。
さて、女性の腰痛。お話を伺うと前日から腰に違和感があって違和感が痛みに変わり、増してきた様子で今日はもう起き上がるのも辛いほどの腰痛になってしまったとのこと。

子供を抱っこできない腰の痛み

翌日から遠くに外出する用事があり、まだ幼いお子さんと出かけるそうですが腰の痛みが邪魔して「抱っこ」できない、とのこと。何とか治したい、と切実な表情でおっしゃっていました。
しっかり治して、楽しく抱っこして外出していただきたいです。どんとこい、腰痛!!

腰痛の治療では横になるのが普通だけど、長時間は考えもの…

さっそく施術に入ります。
まずはうつ伏せになっていただき、骨盤を緩める施術を行います。骨盤の位置を正すとかではありません(私は骨盤の位置と腰痛は全く関係ないと考えています)
骨盤を緩めること自体は効果があります。んで、腰痛の治療でよくあるのが終始ベッドに横になって施術を進めて、終了時に痛みを確認…っていうやつです。
これ、治るのに時間が掛かってしまいます。前屈で痛むなら前屈を、起き上がるときに痛むなら起き上がる動作を施術中に行うべきです。
あと、腰が痛い人をあまり横にさせておくのも得策ではない。筋肉が固まってしまうと起き上がることができなくなるリスクがあります。

身体を前に倒す(前屈)すると痛むのでお尻を緩めてみる

骨盤を緩めた後、起き上がっていただくとこの段階で痛みが薄まっているのを実感していただけました。まだ痛みは残っているけど、起き上がる動作が全然違うとのこと。
良い方向に向かっているようでひとまず安心。施術は続きますよ。

上半身と下半身を正しく繋げる

その後、天井を向いて寝ていただき、お尻の筋肉を緩めます。
お尻のツボを押さえながら、両足を挙げていただきます。
一見筋トレですが、腰の痛みは動かして取る事が大事で、どんどん足が挙がりやすくなります。
このまま、鎖骨を緩めます。鎖骨のツボを押さえつつ、今度は両膝を曲げたところから左右に足を倒します。イメージとしては、腰の痛みによって離れた上半身と下半身を正しく繋げるイメージです(伝わってます?)この段階で、腰に鍼を行いました。


※許可を頂き撮影

さて、腰の痛みはどうなったでしょうか…

抱っこができるようになった!

朝の痛みは全く無くなり、起き上がる際のストレスがなくなったとのことです。
腰がこれだけ改善したので、抱っこもできるのでは?ということでお子さんを抱っこ…
できました!お子さんを抱っこできました!おぉ、最高!!
良かったです。これで明日から遠くに外出するのも問題なさそう、とのこと。
めっちゃよかったです!腰痛を恐れてはならない、ドントビーアフレイド。

気をつけていても、腰痛になることはある…でも筋トレはすべし

施術後に「何を気を付ければいいですか」と聞かれましたので、「筋トレをしてください」とアドバイスさせていただきました。
残酷な現実、どんなに健康でもどんなに気を付けていても腰痛になるときはなります…
腰痛になってしまう確率を少しでも減らすには、ちょっとしんどいかもですが「筋トレ」を行うことをお勧めします。筋トレをしている人は腰痛になっても改善しやすいのです。
ぜひ腹筋、背筋を少しづつでも続けてみてください。

不動前カテゴリの最新記事