運動中に発生した「ぎっくり腰」治療の治療(板橋区)

運動中に発生した「ぎっくり腰」治療の治療(板橋区)

「運動中に軽いぎっくり腰になったので、来てもらえませんか?」
と連絡が入ったので、出張治療に向かいました。埼京線の板橋方面です。
お盆中、完全ノックダウン中に何回も聞いた怪談家・西浦和也さんの代表作「獄の墓」はどうやら板橋ではないようです…一体、どこなのか?

そんなことはさておき。自宅に到着しましたら迎えていただいたんですが歩けることは歩けるが、天井を見るように身体を反らすと痛むのと、寝た状態から起き上がるのがしんどうそうです。そもそもなぜぎっくり腰になったのかと聞くと、運動中にジャンプして着地した衝撃で腰に響いたんだそうです。想像するだけで痛そう…赤坂方面のオブジェが関係しているそうですが。オブジェ…

さぁ、ではさっそく治療に入っていきます。

腰の痛みには「足首」が鉄板!

まずは横なっていただいた状態で足首を緩めていきます。
足首はいわば下肢のクッションの働きをしています。クッションの役割は衝撃を吸収すること。
クッションが固くて衝撃が自分に戻ってきたらどうでしょうか?守る働きどころか自分が多大なダメージを被ってしまいます。
これは足首も同じで、座る動作、歩く動作、しゃがむ動作などいずれも足首が関係しています。足首が固く衝撃が思うように吸収されないと、その上にある腰に響いてしまうのは想像できるかと思います。足首をしっかり緩めます。最近は、アキレス腱を指でつまんで、足首を伸ばす・曲げる動きをしてもらうという施術を取り入れていて、この手技で足首はだいぶ緩みます。

コリが、疲れがたまっている「股関節」をほぐす

 

そのあとは、股関節を緩めますよ。
股関節は人によってはくすぐったく感じられる方もいますがここを緩めると腰の痛みに効果抜群、起き上がる動作も楽に行うことができるようになります。
中野駅近くの整体かなにかの看板に「病は股関節に始まり、股関節に終わる」っちゅう文字がありますが、ある部分では大袈裟ですが、ある部分では正しいといえるでしょう。
そんあことはさておき、ジャンプした際に腰を痛めたということは股関節も痛めているというか股関節もダメージを負っているはずです。股関節を入念にほぐしました。

ぎっくり腰には「脇腹」のツボが効く

続いて正座していただき、脇腹のツボを刺激し腰の痛みの軽減を図ります。
脇腹の刺激の仕方ですが、鍼が一番効率的です。鍼で緩めました。
ここまでの施術で、歩くのもスムーズになりましたし、身体を反らし、天井を見る動きも施術前と比べると見違えるように可動範囲が広がっています。

ぎっくり腰は「動いて治す」正常な運動を思い出させる

ただ、まだ大きく踏み出したり、階段を上るのが不安だそうです。
ここからは、動いて治します。
ぎっくり腰を治すために、早く日常生活に戻るためには脳のロックを解除し、通常の運動を思い出す必要があります。正しい運動に「上書き」するイメージです。これでぎっくり腰は早く治ります。
ツボを押さえながら大きく踏み込んだり、階段を上る動きを行っていただきました。

結果は?普通に動けるようになった

結果ですが、普段と全く変わらない動きができるまでに回復しました。施術前は動きの制限がたくさんありましたがほぼ制限が消えました。良かったです!嬉しかったです!

運動は絶対したほうが良いです!ですが、怪我には充分気を付けてください。
筋肉質だろうが腰は痛めますし、ぎっくり腰は誰しもなりえますから。

板橋区での施術カテゴリの最新記事