「明日の会議に間に合わないかもしれない…」ぎっくり腰治療ケース【東小金井】

先日、いつも定期的に治療をさせていただいている方から連絡を頂き、朝からぎっくり腰になってしまったので治療をしてもらえませんか、と連絡を受けました。
翌日に大事な会議を控えていて、遠くまで赴くとのことで、なんとかならないかと深刻な状況。
しっかり治療をしなければなりません。さっそく、東小金井方面まで出張しました。

緊迫感の中、ぎっくり腰治療開始

 

身体を少しでも曲げると痛みが走る

歩けない、ということではないですがとにかくしんどい。
身体をピンッと姿勢よくしている時は痛みは出ないのですが、少しでも身体を横に傾けると激痛が走る、身体を曲げて戻すときにもふいに痛みが来る、という感じの症状です。
椅子から立ち上がるときも怖さがあります。
これでも朝からはマシになったとのこと。一秒でも早く治してあげたいです。
どんとこい!施術を始めます。

ぎっくり腰には、脇腹の経絡が効く!

先日の、私自身の涙の腰の激痛経験から(苦笑)、ぎっくり腰治療で大切なことがよりクリアに見えてきた気がします。あの経験は無駄ではなかったような。
今回のケースもそうですが、身体を横に傾けたり、捻ると痛みが増す場合は、「脇腹」の経絡の流れを良くするとよいです。
経絡の流れを良くすると痛みが一気に半分くらいまで減ったようです!

股関節を緩め、可動範囲を広げていく

そのあと、ベッドに仰向けになっていただき、股関節を緩めます。
骨をさする手技と、鍼灸を併用します。
腰痛や膝痛の場合も股関節を緩めるべきですが、ぎっくり腰の際も、ここを緩めると動かしやすさが一気に上がります。動かせる範囲を広げること=治療のスピードといえます。

ここは、人によってはくすぐったいと感じる方もいますが、外せない部分。
結果、これでベッドから起き上がる動き、前にかがむ動作が楽になってくれたようです。

痛みの部位がどんどん上に…腰から上を施術

もとあった痛みが改善している、そのサインが「痛みが移動する」という現象です。
痛みが動いているような、そんな感覚を覚えることが多々あります。
今回も痛みが動いてくれたようです。肩の方に動いてきたようなので、ここからは「追いかけっこ」みたく痛みを追い込み、バッチリ治すだけです。
肩、そして首に鍼をしながら、足を動かしたりしてもらいます。

痛みは0まで改善されました

施術後は、身体を動かしても大丈夫。起き上がる動きも、椅子から立ち上がる動きも恐怖心無く行えるようになりました!
階段の上り下りも行えるようになりました。これなら翌日の会議にも出席できそうです。

後日談: 会議にも出席できました!

後日を連絡を頂きました。
無事、会議も出席できたそうです!!この連絡を頂いたときは本当に嬉しかったです!
深刻な悩みに対応できた時は特に、治療できてよかったと思える瞬間です。

Follow me!

コメントを残す